スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『Two Win #3』

“Two Win #3”
2010.2.20(Sat.)
下北沢Free Factory


レポートとしてはつたないですが…
そして、画像がピンぼけばかりで、すみません。

◎ FLIP-FLAP
FLIP-FLAP_opening
今回も、FLIP-FLAPさんに総司会をしていただきました。

(1)Jumelles
Jumelles
1番手は、連弾ピアノデュオのJumellesさん。
今回は、トイピアノと鍵盤ハーモニカでの演奏を可愛らしく披露してくださいました。
2/24の日テレ「おもいっきりDON!」に出演される関係で、取材の撮影もありました。

◎ 歓談タイム
ふたごのためのイベントということで、参加のふたごも、出演のふたごも入り交じって、ふたご談義に花を咲かせていただきました。
楽しい交流の場となっていたのではと思います。

(2)望月久代さんトーク
望月久代さんとaikoちゃん
声優の望月久代さんとFLIP-FLAPのaikoちゃんでトークもしてもらいました。
トリマーをされている望月さんの双子の妹さんは、お仕事ということで、今回は残念ながらご来場いただけませんでした。またの機会にはぜひ!

◎ 展示作品紹介&集合写真撮影
TW3ふたご大集合
展示作品の作品と作者の紹介の後は、恒例のふたご集合写真。
テレビの撮影と下北沢経済新聞さんの撮影(追記参照)も行いました。
今回は、ふたご14組+ふたご3人と合わせて31人が集合していて、圧巻です。
写真には写っていませんが、他にもふたご3名がご来場くださっていたので、合計34人のふたごにご参加・ご協力いただいたイベントになりました。

(3)Red Pepper Girls
Red Pepper Girls
そして、韓国からのふたごデュオ。
とても綺麗なおふたり、会場も盛り上がりました。
25企画ではふたご気質としてよく話題になる、妹がよくしゃべるという傾向が顕著でした。

(4)ツインズ
ツインズ
3回目にして初ジャンル、お笑いの芸術家として芸人のふたごにも来ていただきました。
ふたごが共感できるネタもあり、会場大爆笑でした。(ピーコは笑いすぎると涙が出るのですが、大泣きでした。)

(5)FLIP-FLAP
FLIP-FLAP
トリはFLIP-FLAPさんの歌とウクレレ。
短い時間でしたが、とても愛らしいハーモニーを聞かせていただきました。


段々と双子の参加者が増えてきましたが、単純に数を増やすのではなく、ふたごが参加して楽しく、ふたご自身を応援していけるようなイベントを、これからも開催していけるように努めていきたいと思います。

今回のイベントにご協力くださいました、Free Factoryの店長モヒさんはじめとするスタッフの皆様、
ご出演・ご出展くださいました、アーティストの皆様、
そして、興味をもってご来場くださいました皆様、ありがとうございます。 下北沢のカフェで「双子の芸術祭」?双子ユニット「FLIP FLAP」も参加 /東京

2月22日18時2分配信 みんなの経済新聞ネットワーク

下北沢南口のカフェ「FREE FACTORY(フリー・ファクトリー)」(世田谷区北沢2、TEL 03-3795-3991)で2月20日、「双子の芸術祭 Two Win」が行われた。(下北沢経済新聞)

 主催は、25(ふたご)企画と、歌手・女優・タレントとして活躍する双子ユニット「FLIP FLAP」。25企画は双子同士の交流の場「双子の、双子による、双子のためのイベント」を開くために2008年に発足したサークルで、これまで年3回の定例イベントを行ってきた。主宰する双子、ラブコさんとピーコさんがFLIP FLAPのライブに行った際に、「双子のイベントを一緒に開きたい」という話をしたことをきっかけに、以来すべてのイベントを共に企画・開催しているという。

 20日に行われた同イベントは、ジャンルを問わず、双子のアーティストを応援する企画。参加した双子は、ミクシィのコミュニティーなどを通して集まった約12組。ステージでは、FLIP FLAPによるライブ、お笑い芸人「ツインズ」による漫才、連弾ピアニストの「jumelles」によるピアノ演奏が披露されたたほか、絵画作品、立体作品なども展示された。

 ラブコさんは「双子同士で話すことで、双子ならではの悩みや喜びを共有できる。日本では、海外で見られるような『双子の祭典』がほとんどないため、自分たちで交流の場を作っていきたい。双子だけでなく、双子の周囲にいる親、兄弟、配偶者の方々のためにもなると思う」と話す。FLIP FLAPのユウコさんは「イベントを重ねるごとに、少しずつ参加人数が増えてきてうれしい。いずれは日本全国の双子が集まるような、大規模の祭典も行いたい」と抱負を語る。
スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。